接待交際費

2018-07-24

よく質問される交際費について少し。

「どこまで認められるの?」とは税理士なら一度は聞かれた事があるハズ。

交際費については、法人と個人事業主で取り扱いが違うのです。

 

かなりくだいて書きますが、まず法人。

資本金1億円以下の法人は

①接待飲食費の50%

②800万円

いずれかの金額までが経費として認められます。

 

対して個人は限度額なし。

限度なし、ってのは額についてであって、何でもいいよって意味では勿論ない。

 

所得税(個人事業)に係る必要経費については、所得税法第37条において

「収入金額に係る売上原価その他当該総収入金額を得るため直接に要した費用の額」と書いてある。

まあ売上に関係するもの、って事やね。

これを言うとよく屁理屈を仰る方もいらっしゃいますが、十分にご理解とご注意を。


中小零細企業を守る。これが当岩本税理士事務所の最大の目的です。
厳しい経済情勢の中奮闘しておられる経営者の方々の姿を見るにつけ、少しでもその力になりたく、また、「丁寧に」「何でも分かり易く」と常に心掛け、日々の業務に打ち込んでおります。
岩本税理士事務所-事務所概要
自計化で会社が変わる!
《自計化のススメ》
当税理士事務所では、通常の月次顧問契約に際しまして、お客様の「自計化」を推進しております。
《自計化とは》
会計事務所・税理士事務所で資料をお預かりして試算表を作成するのではなく、お客様自身が、会計ソフトにて自社の試算表を作成する事を言います。
自計化のススメ詳細