例のTシャツ

2018-11-14

 

朝は慣性でテレビを付けている。最近は韓国のグループが原爆をデザインしたTシャツを着てたとか何とか。

タレントやらコメンテーターなるものが、「反日、反韓、差別云々」などとトンチンカンな事を抜かしているが、、

駄目なものは駄目なのだ。件のグループはナチスの鉤十字も着用していたのだとか。

 

論外。

このグループが先導して着用したのではないのだろう。着せた人間がいるのだろうし、そもそもデザインし製作した人間がいるのだ。

先に断っておくが、私は愛国者だがレイシストではない。韓国人の友人もいる。しかし私の友人たちは原爆Tシャツを着たりはしない。

 

認識が違うのは当然である。教育も違う。だからと言って容認される話ではない。

日本は2発の原爆投下により、数十万人の無辜の民の命が奪われ、そして美しい故郷も消し飛ばされた。

民間人の虐殺、明らかな戦争犯罪である。

韓国では、この原爆投下が自国の独立に繋がったという教育もあると聞く。投下→日本が降伏→朝鮮半島独立、みたいな。

この見解もおかしくないか?降伏についてはソ連の参戦がポイントだと思う、が、話しが逸れるので。

 

表現の自由なんて言ってる馬鹿も居て呆れてしまった。お前の道徳観はどうなってるのよ。

原爆投下とナチスのホロコーストは戦争のカテゴリーに収まらないものである。被害者、遺族、被害国を何と心得る。

 

日韓の若者たちが音楽を中心とする文化で仲良くするのは良い事だ。しかし一部のファンは盲目的になる。それ自体の原理主義者となってしまう。

少し落ち着いた頃に、日韓の若者達よ、そして大多数の無関心な日本人達よ、一度見直して欲しい。

君たちがグループの彼らを信ずるように、私も君たちを、そしてグループの彼らの事も信じている。

何処の誰がという話ではないのである。

人としての良心だ。

 


中小零細企業を守る。これが当岩本税理士事務所の最大の目的です。
厳しい経済情勢の中奮闘しておられる経営者の方々の姿を見るにつけ、少しでもその力になりたく、また、「丁寧に」「何でも分かり易く」と常に心掛け、日々の業務に打ち込んでおります。
岩本税理士事務所-事務所概要
自計化で会社が変わる!
《自計化のススメ》
当税理士事務所では、通常の月次顧問契約に際しまして、お客様の「自計化」を推進しております。
《自計化とは》
会計事務所・税理士事務所で資料をお預かりして試算表を作成するのではなく、お客様自身が、会計ソフトにて自社の試算表を作成する事を言います。
自計化のススメ詳細